トップページヘ

統計方法

パラメトリック

1. 平均値、標準誤差、標準偏差など
  - 算術平均
  - 幾何平均・相乗平均
  - 調和平均
  - 95%信頼区間
  - 99%信頼区間
  - 合計
  - 偏差平方和
  - 分散
  - 歪度
  - 尖度

 

2. 標準偏差-標準誤差 相互変換
(標準偏差(SD)の値を標準誤差(SEM)に変換、
 標準誤差(SEM)の値を標準偏差(SD)に変換)

 

3. 1標本 t-検定
(母平均(基準値)とのt-検定)

 

4. 対応のある2群の平均値の比較
(対応のあるt-検定)

 

5. 平均値(2群)の比較(t-検定)
  - 平均値、標準誤差、標準偏差
  - 分散比の検定(F検定)
  - Student t-検定
  - 分散比が異なる場合のWelchの方法

 

6. 分散比(2群)の検定(F-検定)
  - 平均値、標準偏差
  - F-検定

 

7. ルビーンの検定(Levene test)
(多群における分散の一様性(均質性)を検定)

 

8.1元配置分散分析 (ANOVA)
(4群まで)
  - 平均値、標準誤差
  - 分散分析

 

9. 多重 t-検定 (ボンフェローニ補正)
  - 平均値、標準誤差
  - 多重比較(基準群との比較、全比較、各比較)

 

10. 相関・回帰、相関係数の検定
  - 決定係数
  - 相関係数の検定

 

ノンパラメトリック

 

1. 中央値、範囲、四分位数など
  - 中央値
  - 範囲
  - 最小値、
  - 第1四分位数
  - 中央値(第2四分位数)
  - 第3四分位数
  - 最大値
  - 四分位偏差

 

2. マン・ホイットニーのU検定
( 対応のない2群の分布の差の検定)

 

3. 中央値検定

 

4. クラスカル・ウォリス検定およびボンフェローニ補正多重比較
(多重比較:基準群との比較、全比較、指定群の比較)

 

5. 符号検定
(対応のある2群につき、ペアの差の正負の数により検定)

 

6. ウィルコクソンの符号付順位和検定
(対応のある2群につき、ペアの差の正負と程度についての順位検定)

 

7. カイ2乗検定(適合度)

 

8. カイ2乗検定(独立性, 2×2分割表)

 

9. カイ2乗検定(独立性, mxn分割表)
(最大サイズ: 10 x 8)

 

10. マクニマー検定(マクネマー検定)(2x2分割表)
(対応がある場合のカイ2乗検定)

 

11. フィッシャーの正確検定
(2x2分割表における確率を計算)

 

12. スピアマンの順位相関係数
(相関係数の検定)