トップページヘ

統計方法

1.平均値と標準偏差など

1) 算術平均、幾何平均、調和平均
2) 標準偏差(2種類)
3) 標準誤差
4) 95%、99%信頼区間
5) 合計
6) 偏差平方和
7) 分散、不偏分散
8) 変動係数 (%CV)
9) 歪度(2種類)
10) 尖度(2種類)

2. 「t-検定(Student & Welch)」、2群の平均値の比較

1) 平均値
2) 標準偏差、SD (2種類)
3) 標準誤差、SEM
4) 分散比の検定(F検定) --> p値
5) Student t-検定 --> p値
6) 分散比が異なる場合のWelchの方法 --> p値

3. 「1標本 t-検定」、母平均(基準値)とのt-検定

1) 標本群の平均値
2) 標準偏差、SD(2種類)
3) 標準誤差、SEM
4) 1標本t−検定 --> p値
5) 95%、99%信頼区間

4. 「1元配置分散分析」、ANOVA

1) 平均値
2) 標準誤差、SEM
3) 分散分析 --> p値
4) 分散分析表

5. 「相関・回帰、相関係数の検定」

1) 相関係数
2) 回帰係数(直線回帰)
3) 決定係数
4) 相関係数の検定 --> p値